地域熱供給サービス

銀座2・3丁目地区地区熱供給センター

銀座2・3丁目地区地区熱供給センター

〒104-0061
東京都中央区銀座2-2-14

熱供給地区

供給地区の紹介

1983年10月に東京都環境確保条例に基づき、「銀座二・三丁目地域冷暖房計画区域」に指定されました。
新聞社本社跡地に商業施設の建設が計画された再開発区域に熱供給が採用されました。

銀座2・3丁目地区地区熱供給センタークリックで拡大
供給開始年月
昭和59年 (1984年) 4月
供給延床面積
72,000m2
供給区域面積
2.6ha
供給施設
商業施設、業務施設

施設データ

プラント主要機器

熱源設備 能力 台数
冷却能力 加熱能力
MJ/h USRT MJ/h
空気熱源ヒートポンプ(熱回収型) 3,798 300 5,641 1
電動ターボ冷凍機 6,329 500 - 3
電気ヒーター - - 900 4
合計 22,785 1,800 9,241  

蓄熱槽容量

種類 冷水槽(m3 冷温水槽(m3 合計(m3
容量 1,460 1,260 2,720
槽数 1槽 1槽 2槽

※当地区は、熱源設備の加熱能力21GJ/h未満のため、地点熱供給(熱供給事業法対象外)となります。

トピックス

2016年
東京都地域におけるエネルギーの有効利用に関する制度において最高位である「AA評価」(2015年度実績)

お問い合わせ

弊社サービス等についての、ご不明な点がありましたら、下記からお問い合わせください。

よくある質問はこちら