トピックス

府中日鋼町地区熱供給センターが、東京都の「準トップレベル事業所」に認定されました。

2018年03月16日

このたび、当社の府中日鋼町地区熱供給センターが、東京都の「大規模事業所に対する温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」(以下「キャップ&トレード制度」)において、2017年度の「準トップレベル事業所」に認定されました。

東京都では、「キャップ&トレード制度」において、地球温暖化対策の取組(全213項目を審査)が特に優れている事業所を「準トップレベル事業所」に認定しています。
今回の認定は、府中日鋼町地区熱供給センターにおける、日々の運転・管理(PDCA管理)、蓄熱式ヒートポンプシステムによる電力負荷平準化・熱源機の高効率運転、ビル排熱を活用した熱回収ヒートポンプの運転等による環境負荷低減への取組が評価されたものです。

尚、府中日鋼町地区熱供給センターの「準トップレベル事業所」認定は、2015年度の神田駿河台地区熱供給センター、箱崎地区熱供給センター、晴海アイランド地区熱供給センターに続き、4番目となります。

※関連リンク
@東京都報道発表 2018年03月14日 環境局
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/14/08.html
A東京都環境局公式サイト
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/